美大受験予備校 長野県小諸市 こもろ美塾

こもろ美塾
現役生作品
写真
合格実績
案内地図
おすすめの本・DVD
こもろ美塾



美大サイト
東京藝術大学
武蔵野美術大学
多摩美術大学
東京造形大学
女子美術大学
ムサビ日記

参考サイト
デッサンと言う礎

 
現役合格実績
金沢美術工芸大学
多摩美グラフィック
ダクト・情報・テキ
武蔵美視デ・工デ・
空デ・基礎デ・映像
造形・日芸・女子美
静岡文芸大・筑波大
信大・横国・他多数
長野県美大受験


美大受験現役合格

美大偏差値

美術大学の合否の判定は通常【学科+実技】の合算で行われます。 偏差値は学科のみのデータですから、偏差値のみで志望校を決定することが無いようにお気をつけください。参考としてご覧ください。

美大受験・現役合格を目指す

1)2019年入試合格者
  >>>合格速報(AO・推薦)

2)美大受験現役合格に向けて・実技の対策いつから始める?

こもろ美塾では、タマビ・ムサビの主要な学科に合格する為に必要な実技の勉強時間をおおよそ600時間と考えています。1日3時間として計算すると高校3年4月から始めるとすると週4日。高2の4月から始めるとすると週2日という計算です。

3)AO入試・公募推薦入試対策

こもろ美塾では、多様化する美大の入試形態に合わせ、AO入試、公募推薦入試対策にも力を入れています。各個人の実力が最も発揮できる方法で入試に臨めるようになり、成果を上げています。
【相談無料】入試の時期、ファイルの制作方法や、持参する作品の準備方法などについて、丁寧にご説明します。

美術大学現役合格をめざし、こもろ美塾では・・・
 美大受験の準備は現役高校生にとって、学校生活+学科+実技と、多忙です。ただやみくもに美術アトリエに通い与えられた課題をこなしているだけでは美大現役合格には結びつきません。
以下のポイントに沿って、こもろ美塾では丁寧な指導を心がけています。

◆浪人生に比べて時間の少ない現役生が合格するための勉強方法を具体的に指導します。
◆他の人には真似できない一人ひとりの個性・特性を大切にします。
◆豊かな感性を磨く材料を多数用意し、アンテナの感度をアップします。
◆教わらずに自分で獲得すべき事柄と、指導によって獲得できる事柄をきちんと分け、教えるべきことはできるようになるまで指導します。

美術大学の資料・情報を早い段階で手にすることが、現役合格の第一歩です。

美術大学資料
  • 受験クラス( 高3)
    目標の進路をめざして、基礎から応用へ。合格レベルまで実力アップ。

  • 基礎クラス( 高1・高2 )
    しっかりとした基礎の習得を重点指導。その力が応用力を加速度的にアップさせます。
    また、希望の職種に就くための最適の進路をアドバイスします。

  • 時 間 1回3時間
    水・木・金 16:00〜22:00
    土 12:00〜22:00
    日 09:00〜16:00
    学校の時間に合わせ、1日3時間来られる時間に来て制作します。
    ☆テスト準備・班活動・体調不良などで欠席した場合、振替が可能です。

    春季・夏季・冬季・入試直前特別講習あり・各個人のスケジュールに合わせ調整可能。

  • 授業料
    基礎クラス(高1・高2)・・・・・週1回 15,000円/月
    受験クラス(高3・高2希望者)・・週2回 23,000円/月
    週3回以上希望の方、ご相談ください。
    春季・夏季・冬季・入試直前特別講習費用は上記には含まれません。

  • 入塾金 授業料とは別に入塾時に 20,000円が必要です。

  • その他 実技のための画材、用具が必要です。入塾時にご用意ください。
    (画材等は受験学科によって必要なものが異なりますご相談ください。)

  • 講 師
    佐藤重 東京造形大学デザイン学科インダストリアルデザイン専攻卒業
    佐藤恵子 同上

Q.
A.

美大受験・現役合格はむずかしい?
 こもろ美塾での現役生の合格率は90%以上。現役での合格はむずかしいと言われている美大入試ですが、一人ひとりの個性を大切にした実技指導と徹底した学科の過去問配付で、多くの現役生が美大へ合格しています。
 AO入試、推薦入試への対策も行い、成果をあげています。

Q.
A.

美大受験・・・どのくらいの勉強が必要?
 こもろ美塾では1週間に2日、1日3時間実技の勉強をします。その他に学校のスケジュールに合わせ、可能な範囲内で実技の宿題を1ヶ月に1〜3点自宅課題として、こなしていきます。入試直前は毎日1枚〜2枚作品を仕上げるハイペースの直前講習で自信をつけて本番に臨みます。

Q.
A.

実技の勉強は具体的にどのようなことをするの?
 受験する学科によって準備は異なりますが、基本的にデッサンと構成です。 デッサンは主に鉛筆デッサン、平面構成にはアクリルガッシュによる色彩構成、必要に応じて構想表現や立体構成も勉強します。

Q.
A.

いままでほとんどデッサンや構成をしたことがなくても大丈夫?
 鉛筆の削り方、絵の具の溶き方から丁寧に指導します。美術部での活動経験など無い人も、ひとつひとつ課題をこなし、大きな夢をかなえています。
 美術部での活動経験がある人は、その蓄積を生かしてより高いレベルの志望校へチャレンジができるでしょう。

.
A.

親から「夢では食べていけない」と美大進学を反対されています。
 本当にそうでしょうか。こもろ美塾の卒業生の中には、美大デザイン科卒業後、大手家電メーカーや大手ゲーム会社のデザイン室に就職したり、独立して事務所を構えるなど、デザイナーとしてバリバリ稼いでいる先輩が大勢います。
 プレジデント2006年5月15日号には「高給が狙える偏差値50台の学校」としてランクの上位に、しっかり多摩美・ムサビが名をつらねています。
 偏差値50台で合格できるという表現には実技が含まれていないため語弊があります、正確には、【世の中の平均的学力+実技の腕前=合格】ということになります。

Q.
A.

偏差値が50以下だと美大受験は無理でしょうか?
 ほとんどの美術大学の入試では、学科と実技の合算で合否の判定がなされます。学科のみの模擬試験で「D」判定が出ていても、合格した先輩もたくさんいます。また、実技試験のみで学科試験の無い入試方法もあります。
 ただし、学科の勉強をおろそかにすると受験の可能性をせばめてしまいます。現役生の強みは、実は学科で得点をとれることなのです。そして、デザイナーを目指している人にとって、プロになってからも大切なのは【コミュニケーション能力】です。受験の偏差値にとらわれず、国語力、英語力の基礎を固めておけば、受験だけでなくその後の活動でも必ずプラスになるのです。

Q.
A.

美大卒業後、実際にどんな仕事があるんですか?
 カーデザイナー・イラストレーター・ウェヴデザイナー・映像作家・建築家・家具デザイナー・陶芸家・染織家・ファッションデザイナー etc. さまざまな職種があります。
 実際にデザイナーとして活動しているスタッフが、折に触れ進路についてわかりやすくお話します。

Q.
A.

どのあたりの高校から通っていますか?
 長野県立上田高校、長野県立屋代高校、長野県立野沢北高校、長野県立岩村田高校、長野県立上田染谷丘高校、長野県立小海高校、長野県立小諸高校、長野県立小諸商業高校、佐久長聖高校、上田西高校など主に長野県東信地区の広範囲にわたります。>>>合格実績のページへ

>>>>> 現役生の作品を見る <<<<<
美術大学の資料の閲覧・進路相談なども含め、いつでも見学できます。
ご連絡の上お越しください。
こもろ美塾 Tel 0267-22-3948
長野県小諸市相生町2-2-1 E-mail:office@komoro-bee.com
COPYRIGHT(C) 1992-2018 こもろ美塾 ALL RIGHTS RESERVED.